くすだ大蔵(くすだだいぞう)太宰府市長候補 オフィシャルサイト

3つの工程と7つのプランで太宰府を日本を代表する都(まち)に
太宰府の底ヂカラを発揮して日本を代表する都(まち)に

2018年1月21日(日)19:30〜政策演説会
@太宰府市いきいき情報センター

政策演説会

3つの工程と7つのプランで太宰府を日本を代表する都に

太宰府市政を改革する3つの工程

大宰府を日本を代表する都にする7つのプラン

市民参画の行政
街づくりで地域創生

>もっと読む

学問の神様に
ふさわしい
教育・子育て

>もっと読む

徹底した行革と
超成長戦略で
財政再建

>もっと読む

積極的広域連携
による
大太宰府構想

>もっと読む

環境重視の
逆転発想で
渋滞解消

>もっと読む

民間の知恵を
生かした
高齢者福祉

>もっと読む

防衛省自衛隊と
連携した
市民の安心安全

>もっと読む

くすだ大蔵プロフィール

▶1975年(昭和50年)筑紫野市上古賀に生まれる。
本籍地は、筑前町曽根田。地元、福岡県筑紫野市立二日市小学校に入学。小学生時代は、ミニバスケットボールに励み、児童会長も務めた。

▶1988年、私立久留米大学附設中学校に入学。
中高一貫で受験なしに1991年に私立久留米大学附設高校に入学。
中くらいの成績で1994年に卒業。

▶その後、中高時代のさぼりがたたり、福岡で1年、東京で1年、合計2年の浪人生活の末、ようやく1996年、東京大学文科一類に入学。法学部に進み2000年に卒業した。

▶2000年4月から住友銀行の最後の行員として社会人生活を
スタートさせた。勤務地は、大阪の天王寺駅前支店。二年目に合併し
三井住友銀行に。

▶大学時代の父の敗北から意識を強めた政治家という初志が
銀行退職を決意させ、国家公務員Ⅰ種試験合格後、羽田孜元総理の
秘書として政治の道に入る。27歳で地元に戻り、国政の活動を始める。

▶2003年、第43回衆議院議員選挙に初出馬、28歳で初当選。
その後、3期連続当選。2009年9月から、鳩山由紀夫内閣・菅直人
内閣で防衛大臣政務官を務める。

Facebookくすだ大蔵FanPage

ページトップへ戻る